ホーム > 笹島喜平館

笹島喜平館

笹島喜平館では益子町生まれの木版画家・笹島喜平の作品を常設展示しています。近代日本を代表する木版画家・棟方志功(1903~1975)に学び、生涯にわたって白黒の版画を追求した笹島独特の「拓刷り」の技法によって摺られた作品を紹介しています。

これまでに版画約300点、スケッチ200点を収蔵しており、その中から毎回20点程を展示しています。年に1~2回の展示替えを行っています。

笹島喜平《風樹(1)》 笹島喜平《不動明王No.33》

アクセスご利用案内