ホーム > 益子陶芸美術館

益子陶芸美術館

益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子は、1993(平成5)年6月に開館しました。以来、濱田庄司や島岡達三といった益子を代表する陶芸家や、濱田庄司にゆかりのある陶芸家の作品を収集し、展示しています。また、濱田庄司と交流のあったイギリス人陶芸家バーナード・リーチをはじめ、リーチ工房初期の陶芸家の作品や欧米の現代陶芸作品も収集し、紹介しています。近年は国内外の現代陶芸を中心に、年3~4回企画展を開催しています。

企画展

エセルに誘われて・・・ 日下田正とエセル・メーレ

2016年10月30日(日)-2017年1月29日(日)

常設展

益子陶芸美術館の所蔵品を常設展示しております。年に数回の展示替えを行っております。

出版物

益子陶芸美術館の出版物一覧および詳細をご覧いただけます。販売も行っております。

過去の企画展

過去の企画展のアーカイブです。

第3展示室・ミニギャラリー

第3展示室・ミニギャラリーでの展示等をお知らせいたします。