ホーム > 益子陶芸美術館 > 過去の企画展 > 企画展 濱田庄司の欧米紀行

企画展

濱田庄司の欧米紀行 ―益子陶芸美術館・海外作品コレクションより―
Shoji Hamada’s Journey to the West -Museum’s Collection of Overseas Ceramics-

2015年7月18日(土)-9月27日(日)

主催:益子町文化のまちづくり実行委員会、益子陶芸美術館
後援:下野新聞社、とちぎテレビ、栃木放送、エフエム栃木、NHK宇都宮放送局
平成27年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業

開催期間 2015年7月18日(土)-9月27日(日)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)(9月8日(火)-27日(日)は無休)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 大人600円(550円)、小中学生300円(250円) 
※( )内は20名以上の団体 / 65歳以上は300円(要証明)

ご利用案内アクセス


Period 18 July – 27 September, 2015
Closed Mondays (except for 20 July, 14 September and 21 September), 21 July
Opening Hours 9:30 – 17:00 (last admission at 16:30)
Admissions Adults 600 (550) yen, Junior High / Elementary School Students 300 (250) yen
*( ) indicates prices for groups of 20 persons or more.
Seniors (over 65years old) 300 yen (Please show proof age.)

GoogleMaps


益子を代表する陶芸家・濱田庄司(1894〜1978)は、生涯にわたり旅行を愛した人物です。イギリス、フランス、アメリカ、メキシコなど、欧米各地を旅し、陶芸を介して現地の人々との交流を深めました。益子陶芸美術館では、濱田が陶芸家としての礎を築いたイギリスをはじめ、欧米諸国の優れた現代陶芸を収集し、独自のコレクションを形成し続けています。本展では、このたび新たに収蔵した海外作家作品を中心に、約60点の作品を濱田庄司と関連づけて紹介します。稀代の陶芸家を通して浮かび上がる、欧米の陶芸の魅力に触れていただければ幸いです。

Shoji Hamada (1894-1978), the potter representative of Mashiko, was a lifelong lover of travelling. He travelled all over the West , including the UK, France, the US and Mexico, and cultivated dialogue through ceramics with the local people everywhere he went. At Mashiko Museum of Ceramic Art, we are continuing to build on our collection, beginning with works from the UK where Hamada first laid his foundation as a potter, extending to other excellent ceramics from the West. In this exhibition, we will introduce approximately 60 pieces in relation to Hamada, with a focus on our new collection of works by overseas ar tists. We hope to convey the allure of Western ceramics through the life of Shoji Hamada, the extraordinary potter.

濱田庄司《絵刷毛目皿》1963年 濱田庄司記念益子参考館蔵
Shoji Hamada, Plate with painted hakeme design,
1963, Mashiko Sankokan Museum.
フィル・ロジャース《灰釉鉢》2012年 *新収蔵
Phil Rogers, Bowl, ash glaze, 2012.
リチャード・バターハム《飴釉花瓶》1998年頃 *新収蔵
Richard Batterham, Vase, iron glaze, c.1998.
ジャネット・リーチ《焼締双耳面取瓶》1982年 *新収蔵
Janet Leach, Unglazed faceted bottle with handles, 1982.
ウォーレン・マッケンジー《鉢》2009年
Warren MacKenzie, Drop rim, 2009.
ジェフ・オーストリッチ《鉢》2009年
Jeff Oestreich, Bowl, 2009.
グラシエラ・ディアス・デ・レオン《壺(二つの文化)》2002年
Graziella Díaz de León Toussaint, Pot, 2002.
ジュリアン・ステア《5つのティーポットとキャディ》2013年 *新収蔵
Julian Stair, Five Teapots and Caddies on a Ground, 2013.
エリザベス・フリッチ《広口扁壺》 *新収蔵
Elizabeth Fritsch, Wide-mouthed flask.
ジェニファー・リー《ブルーの鉢》2013年 *新収蔵
Jennifer Lee, Blue, haloed band, olive rim, 2013.

主な出品予定作家 Artists

  • 濱田庄司 Shoji Hamada
  • バーナード・リーチ Bernard Leach
  • ルーシー・リー Lucie Rie
  • ハンス・コパー Hans Coper
  • ウィリアム・ステート=マレー William Staite Murray
  • フランシーヌ・デル・ピエール Francine Del Pierre

***

2014年度 新収蔵作家

  • E. B.フィッシュリー E. B. Fishley
  • レイクス・ポタリー作品 The Lakes Pottery
  • ジャネット・リーチ  Janet Leach
  • リチャード・バターハム Richard Batterham
  • フィル・ロジャース Phil Rogers
  • エリザベス・フリッチ  Elizabeth Fritsch
  • マーティン・スミス Martin Smith
  • ジェニファー・リー Jennifer Lee
  • ティナ・ヴラソプーロス Tina Vlassopulos
  • エドモンド・ドゥ・ヴァール Edmund de Waal
  • ジュリアン・ステア Julian Stair
  • クリス・キーナン Chris Keenan
  • カリーナ・シスカート Carina Ciscato
  • サン・キム Sun Kim
  • ウォルター・キーラー Walter Keeler
  • リサ・ハモンド Lisa Hammond

関連プログラム

ワークショップ「オリジナル ロッキング・ボウルをつくろう」

本展で紹介する英国の陶芸家クリス・キーナンさんの代表的な作品「ロッキング・ボウル」のかたちをした器に模様をつけて、オリジナルのロッキング・ボウルを作ります。


クリス・キーナン《ロッキング・トリオ》2014年
Chris Keenan, Rocking Trio, 2014.

日時:8月2日(日) 午後1時30分〜午後4時 ※終了いたしました
会場:益子国際工芸交流館アトリエ(陶芸メッセ・益子内)
参加費:1つ 400円(1人3つまで) 
*どなたでも参加できます。定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。
*申込方法など、詳細はお電話にてお問い合わせください。