ホーム > 益子陶芸美術館 > 常設展

常設展

益子

第1展示室(1階)では、当館所蔵作品の中から、益子を代表する陶芸家や、益子の作家と関わりのあった陶芸家の作品を紹介しています。

展示作家:濱田庄司、加守田章二、島岡達三、佐久間藤太郎、木村一郎、村田元、田村耕一、板谷波山、富本憲吉、河井寛次郎ほか

濱田庄司《青釉黒白流描大鉢》 濱田庄司《掛合釉指描花瓶》
濱田庄司《赤絵蓋物》 島岡達三《塩釉縄文象嵌大皿》
加守田章二《曲線彫文花瓶》 加守田章二《彩陶波文壺》

 

イギリス

当館では、ヨーロッパの陶芸大国であり、益子町とも縁の深いイギリスの現代陶芸を中心に、欧米の陶芸作品を収集・展示しています。第4展示室(2階)では、当館所蔵作品の中から、バーナード・リーチをはじめ、初期のリーチ工房 で作陶した陶芸家の作品を紹介しています。

展示作家:バーナード・リーチ、デイヴィッド・リーチ、ジャネット・リーチ、マイケル・カーデュー、ウィリアム・マーシャル、ケネス・クイック、ノラ・ブライデン、キャサリン=プレイデル・ブーヴェリーほか

バーナード・リーチ《白磁鎬壺》 バーナード・リーチ《黒釉彫絵蓋付壺》

※展示内容およびスペースは展示替えにより変更になる場合がございます。

ご利用案内アクセス